【鬼滅の刃180話ネタバレ感想】扉絵が悲しい…なんて思ってたらあの人もあっさりと…

鬼滅の刃180話ネタバレ感想

【鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス) コミックス – 2019/10/4】

前回の【鬼滅の刃179話】のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃179話ネタバレ感想 【鬼滅の刃179話ネタバレ感想】涙が止まらない…

扉絵が悲しい…

今週の鬼滅の刃の扉絵は見るだけでなんだか泣けてしまいます。そして炭治郎の元には2人の死が伝えられます。1週間立っても先週の内容の衝撃にかなり落ち込んでいたのですが今週も凹む展開に…。

無惨の元に集結する鬼殺隊

無惨の元に集結する第一陣でしたが無惨は復活してしまいその場にいた人たちすべてが無惨の食料となってしまいます。そして珠世も無惨に殺されるという展開に。

あまりにもあっさりあんなふうに殺されてしまうので朝からこれを読んでて凄くショックでした。それと同時に愈史郎にも変化が…。愈史郎はそもそも珠世によって鬼化をされた人間です。

珠世の死はおそらく感じ取れると思うのですがその結果のあの様子だったのかそれとも別の何かが起きてるのかはわかりませんが…。

絶望感がやばい

無惨が復活したわけですがなんというかその惨状や珠世さんの死で絶望感が本当にやばいです。遂にこれから鬼舞辻無惨との闘いが始まるのですが上弦の壱である黒死牟の闘いであの2人が死に今回の鬼舞辻無惨との闘いでは一体誰が死んでしまうのかという不安があります。

黒死牟も最強の鬼とされていましたが鬼舞辻無惨はそれよりも圧倒的に上の存在なのは間違いありません。誰も死なずにこの無惨を倒せるだなんて思えないのでどういった展開になっていくのか、鬼滅の刃の今後の展開から目を離すことができません。

無惨の圧倒的強者感に対して今後の闘いが不安になります…

ひまり

【鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス) コミックス – 2019/10/4】

コメントを残す