【鬼滅の刃182話ネタバレ感想】誰が死んでもおかしくない状況。だからこそ毎週不安になる

鬼滅の刃182話ネタバレ感想

【鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス) コミックス – 2019/10/4】

前回の【鬼滅の刃183話】のネタバレ感想はこちら

鬼滅の刃181話ネタバレ感想 【鬼滅の刃181話ネタバレ感想】無惨様空気読めない感じが本当にどうしようもない…。

何…この絶望的な展開…

確かに無惨様が強いのはわかるけど炭治郎との力の差がありすぎてこんなのどうやって倒すの?って思う感じです。もちろん炭治郎一人で倒すのは不可能で柱が集まっても倒せるかどうか…。そもそも鬼の弱点と言われる首を落としても倒すことができないのが無惨様なので唯一の弱点である太陽の光でなんとかするしかないのですが。

無惨から告げられた衝撃的な仲間の死

無惨様と対する義勇と炭治郎。そんな中無惨様から他の柱について衝撃の内容が語られる。ここでここ最近の鬼滅の展開からこれありえることだったのでうわぁぁぁぁぁってなったのですがそこから急展開。

無惨様の前回までの大物感から急に小物感丸出しになってて笑ってしまいました。そして珠世さんの敵を取るために復讐に燃える愈史郎。

これからどんな反撃をしていくのか本当に楽しみです!

無惨様強いんだろうけど急な小物感…感情不安定すぎですね

ひまり

【鬼滅の刃 17 (ジャンプコミックス) コミックス – 2019/10/4】

コメントを残す