【さよならミニスカート2巻感想】光くんは犯人なの?違うの?やっぱり犯人なの?

さよならミニスカート2巻感想

さよならミニスカート 2巻 | 牧野あおい | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan

この漫画の評価
ストーリー
(5.0)
キャラクター
(4.0)
絵柄
(3.0)
演出
(3.0)
構成
(3.0)
オリジナリティ
(5.0)
長栖さんムカつくと思ったら展開がヤバすぎ
(5.0)

さよならミニスカート2巻のあらすじ

「こんなことしてるから ファンに刺されるんだよ」 傷ついた元アイドル。正体を隠して生きていくと決めた彼女の周りで、さらなる事件が―ー!?
引用元:さよならミニスカート 2巻 | 牧野あおい | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan

女の子の「可愛い」は誰のもの?

1巻に続き2巻も本当に考えさせられる話だったんですが、特に考えさせられるのは女の子の「可愛い」って本当に誰のものなのでしょうか?

女の子の「可愛い」は正直男性の目線を意識したものが多いなと感じる世の中でそれが行き過ぎるとセクハラになるわけで。

昔はこういった部分は大きく取り上げられることはなかったけどちょっと前に動画広告である企業が女性の可愛いというか、やたらと性を意識させるようなニュースがありました。

男性が女性をそういった目で見てしまうのは生物学的にはごく自然なことなのかもしれませんが動物と人間はやっぱり違うと思います。

性の違いで男女関係なく人を傷つけてしまうのは本当に悲しいことだと思います。

世間にはそういった部分で女性を武器にする人もいるわけで結局答えは見えないわけですが。

このさよならミニスカートではどういった答えを最終的に出してくれるのかなという所は個人的にもっとも注目したいところです。

長栖さんの意見は真理かもしれないけれど…

長栖さんが衝撃的なトラブルに巻き込まれてしまったりして心が締め付けられる思いになったのですが仁那に言った「どうして女の子のアイドルはみんな30歳になる前に消えちゃうのかな」って言葉。
たしかに真理を突いているとは思うんです。

長栖さんは本当に小憎たらしいことばかり言って女の立場からしても本当に嫌な奴ではあるんですが心から悪人ってわけではないんですよね。

さっきも言ったとおり男性目線での「可愛い」を味方につけて武器にしてるっていう…。

きっと長栖さんも過去に色々あったのかなとも思っちゃいました。

展開がきつすぎてこの先ちゃんと見れるか不安

長栖さんのこともかなりキツい展開だったんですけど巻末最後の展開は仁那にとっては本当につらすぎます。

光くんには長栖さんへの恋愛感情はまったくないのかもしれないけど誰にでも優しいのは決して良いことではないと思う。

このさよならミニスカートっていう漫画は少女漫画としてはかなり過激だと思うし、性っていう難しいテーマを扱っていて賛否はあると思うのですがこの先の展開は本当に気になってしまいます。

また恋愛の部分も気にはなるんですが、私は正直、雨宮花恋を傷つけた犯人の存在が気になりすぎてこの先何が起こるのか想像も付きません。

ここで忘れてはいけないのは1巻の仁那の「…君にそれ以上近づかなければよかった。そうすれば君を失わずに済んだのに」という回想するような言葉。

これって明らかにバッドエンドを想起させるような意味にしか聞こえないんですよね。

この物語としては安心して仁那ちゃんと光くんを見守ることは最後まで、できないんでしょうけど願わくばハッピエンドを望みます。

この作品で私が結構驚いたのはこのページ。

少女漫画の1作品にこういったメッセージを出すのってかなり異例ではないでしょうか?

私自身は「らしさ」って肯定的でもあり批判的でもあります。

相反する感情なのは自分では理解してるんですけど「これはこういう物だから」と決めつけるのってあまり好きじゃない。

こういう問題提起をするような少女漫画があってもいいんじゃないでしょうか?

さよならミニスカート2巻のみんなの感想は?

ひなこ

私の予想は犯人は光くんの友達の正暉くんだと思います。別に深い理由はないけど…。理屈で考えればあり得なさそうだけど意外性として

コメントを残す