【よふかしのうた9話ネタバレ感想】ナズナちゃん大切なところでズレてませんか?

よふかしのうた9話ネタバレ感想

【週刊少年サンデー 2019年46号(2019年10月16日発売)】

前回の【よふかしのうた8話】のネタバレ感想はこちら

よふかしのうた8話ネタバレ感想 【よふかしのうた8話ネタバレ感想】二人は幸せなキスをして終了…はしてないけど

友達とでもキスはしますよ。キスは。でもね…

今回は自分の性欲と恋を勘違いしっちゃったコウくんってなお話だったんですけどこれ別にキスしたことで好きになる…好きになるは違うかもしれませんが恋愛対象として意識するってことはあると思うのでナズナちゃんには「性欲だよ」と断言されてますが私はこれ性欲だけではないと感じるんですよね。

でそれよりも問題なのは間違いなくナズナちゃん。

友達とでもキスをするみたいなことをいうけど確かにするかもしれないけど口には友達でもキスはしないよ…。しかも友達とキスするのは欧米文化で日本ではキスしないよ。妙なところで知識がズレているナズナのほうが問題だよ。

友達は口にキスなんてしないっていう日本の一般常識の事実を知ったらどんな赤面を見せてくれちゃうのだろうか?と妄想するのがとても楽しいですね。

妙なかっこよさがあるぞ!コウくん

吸血鬼であるナズナちゃんからすれば路上で女の子がスカートたくし上げして誘ってるくらいのレベルのエッチさがあるのかもしれないし違うかもしれないくらいの首筋見せてガブリとしなっていう吸血鬼目線のスケベなポーズですがこのときのコウくんの表情とポーズがなんかかっこよくて笑える。

恋の定義

今回のことでコウくんはナズナちゃんに対してドキドキしてるのは性欲と言われ恋ではないということだったんですが「恋してる」の定義ってなんなんでしょ?恋に限らず人の感情って線引きできるものじゃないからどこから恋と定義されどこから吸血鬼になれる基準の恋となるのかあやふやですよね。

ちなみに吸血鬼に恋したときにその吸血鬼から血を吸われることで吸血鬼になるというこの「よふかしのうた」の大前提となっている吸血鬼になるルールなんですけど私は無駄に逆張り予想するタイプなので恋して血を吸われてもコウくん吸血鬼になれないんじゃないかという今の段階では判断もつかない予想をしています。

現時点で予想がつくのはナズナちゃんは誰かを吸血鬼にしたことがないんじゃないかってこととそれが事実ならナズナちゃんは誰かを吸血鬼にしたことがあるという経験から人間を吸血鬼にする方法を知っているという訳ではなく誰かにその方法聞いたということになります。

おそらくは他の吸血鬼に聞いたということになるのが自然なのかなと思うので他の吸血鬼も作中出てくるんじゃないかなと思うのですがその吸血鬼がナズナちゃんに冗談を教えたなんてエピソードもあるんではないかなぁ?

この予想は当たるでしょうか?それとも大きくハズレるんでしょうか?(笑)

最後にどうでもいいけどなずなちゃんの腰回りがエッチすぎて好き。

ミッション達成!…ならずでしたね。

ひまり

【週刊少年サンデー 2019年46号(2019年10月16日発売)】

コメントを残す