やがて君になる5巻感想!先輩に気持ちの変化が…

先輩しか知らない
やがて君になる(5) (電撃コミックスNEXT)
この漫画の評価
ストーリー
(4.5)
キャラクター
(5.0)
絵柄
(5.0)
演出
(5.0)
世界観
(5.0)
総合評価
(4.5)

やがて君になる5巻あらすじ

燈子を変えたい。

自らの願いを見つけた侑は、

こよみに生徒会劇脚本の改変を提案する。

だが、侑の願いは燈子の望むものではなく……。

「お姉ちゃんが間違いなら、私は何になればいいの」

侑は生徒会劇の結末を変えようと動き始める

生徒会劇はただの劇ではなく主人公=燈子のようになっていて物語のなかでその主人公は3つある正解から最後の答えとして恋人を選ぶという決断を下すのですが侑はその結末に違和感を感じていました。

一方先輩はお姉ちゃんを演じ切らないといけないという意識に囚われて続けてしまいます。

そうした鬱屈した気持ちのときに侑に会いたくなると。

このあとの侑ちゃんと燈子ちゃんのデートがもう本当にキュンキュンさせられてヤバイです。

女の子と女の子のデートにキュンキュンする女ってのもどうかと思いますがもう空気感とか心の機微の表現がここまで秀逸な漫画って本当に素晴らしいですよ!

それとは別にこよみちゃんの話もあるのですがこちらは今後本編には絡んで来る話ではなさそうですね。この話のなかで初めて生徒会劇の劇名が明かされるんですがこの劇名の意味がなんというか深いなって。

その後この新しい脚本で劇をするかという話を生徒会ですることになるのですが是非是非そのあたりは読んでほしいと思います。

本当に侑ちゃんは気持ちがまっすぐで強くてでもその強さもその年代で精一杯の等身大で描かれていて本当に大好きです。

やがて君になる5巻みんなの感想

ひなこ
劇が終わったあとの先輩の心の内がどう変化するのか…今はまだわからないけどこの2人を優しく見守りたいです
ひまり
一言でいうと「尊い」だね!お姉ちゃん!
先輩しか知らない

コメントを残す