【チェンソーマン46話ネタバレ感想】爆弾の悪魔強すぎるしえっちすぎる

チェンソーマン46話ネタバレ感想

【チェンソーマン 4【期間限定試し読み増量】(ジャンプコミックス) コミックス – 2019/10/4】

レゼちゃん強すぎ…

退魔2課の訓練施設を襲い始めるレゼ。前話ではこのれぜことボムの悪魔なのか爆弾の悪魔なのかは名称はわからないですけど銃の悪魔の仲間ということがサメの魔人によってわかりました。

この退魔2課にいるデビルハンターは間違いなく強いはずで普通の悪魔ならば最初のカビの攻撃とかで普通の悪魔は致命傷なはず・・・。しかしレゼちゃんにはそれがまったく聞いてない様子。

現時点でレゼちゃんの強さは底が見えない感じなんですよね。

狐の悪魔は過去に銃の悪魔と戦ったことがある?

多くのデビルハンターが契約を交わしてる狐の悪魔ですがレゼを狐の悪魔に食べさせた時の反応によってわかるのは狐の悪魔は過去に銃の悪魔、もしくはレゼか銃の悪魔の仲間と戦ったことがあるのではないかという示唆がされています。

というかこの場合は狐の悪魔はレゼに対して一切効果を発揮しないのでしょうか?悪魔は契約してるだけで仲間というわけではないので今回勝手に帰ったりしてしまっているわけなんですけど。

そしてそんな危機的状況にも関わらずあんなセリフを言う副隊長と野茂さんはなんかいいですよね。チェンソーマンのセリフ回しって漫画的というよりかは洋画な感じがするんですよね。

にしても戦闘中のレゼちゃんの格好えっちがすぎる。

あと気になってるのはマキマさんが秘密にしてること

作中あきらかになってない部分でマキマさんが知っている秘密があるみたいです。ポチタも銃の悪魔と関係があるようだけどマキマさんがデンジを拾ったのは偶然にも感じるけど、もしかしてマキマさんがデンジを良くしてくれるのって最初からデンジの心臓、つまりはポチタと銃の悪魔の関係とかも知ってたとかなのかなとも妄想しちゃったりしますね。

ひなこ

ボムの悪魔一体どうやって倒すの?
【チェンソーマン 4【期間限定試し読み増量】(ジャンプコミックス) コミックス – 2019/10/4】

コメントを残す