彼方のアストラ1~5巻感想!掛け値なしに名作といえるマンガでした

読んで絶対損しない最高に面白いSF漫画
彼方のアストラ 5 (ジャンプコミックス)
この漫画の評価
ストーリー
(5.0)
キャラクター
(5.0)
絵柄
(5.0)
演出
(5.0)
世界観
(5.0)
総合評価
(5.0)

彼方のアストラあらすじ

宇宙への往来が当たり前になった近未来。高校生のカナタ、アリエスら9名は“惑星キャンプ”に旅立つ。

未体験の宇宙旅行に胸を躍らせながら惑星に降り立った彼らを待ち受ける、予想外の事態とは!?

近未来SFサバイバルストーリー、始動!!

正直いってこの作品は本当に素晴らしすぎる!

キャラクターもストーリーも本当に良くてまた最終巻が5巻なのですが、別に打ち切りとかではなくちゃんと作者が描きたいストーリーを描けた作品なのではないかなと思いました。

最終巻の最後に篠原健太先生のあとがきがあるのですが人気のない宇宙冒険SFをやることに編集部から反対の声があったそうです。まあ編集部の人は売り上げるを考えるのが大事なのはわかるんですけど…まあ結果として作品が世に出てくれたことは本当にありがたいことです。

さて物語の内容なのですがなんというかジュブナイル感を感じさせる本当に王道な宇宙SFといった感じです。そしていろいろな謎が散りばめられてミリテリー感もあり最初から最後までまったく飽きさせない展開でした。

徐々に絆を深めていく仲間たちも本当に素晴らしいしそのあたりはさすがスケットダンスの篠原先生だなと感じるところでした。

ざっくりとしたストーリーを話すと宇宙旅行が普通になった未来、宇宙キャンプにいくことになった主人公たちが謎の球体に吸い込まれ5,000光年以上も離れた宇宙に放り出されてしまいます。

運良く誰も乗っていない宇宙船を見つけ主人公たちは故郷の星に帰ろうとするというのがストーリーの本筋となるのですが宇宙船の通信機が誰かに意図的に破壊されたり、経由先の星ではいろいろなトラブルに巻き込まれたり、また船員たちにはそれぞれ抱えている秘密があったりといろいろあるわけです。

そしてストーリーはどんでん返しのまた大どんでん返し。本当に楽しませてもらいました。またキャラクターも本当に魅力的で本当に全員大好きなのですが個人的に一番好きなのはルカくんです。もうネタバレになってしまうので多くは語れないのですが一番大好きですね。

こういう作品を見ると決して長く連載してる作品=面白い作品ってことじゃないんだと再認識させられます。売上も大事でしょうけどもっと作品を作る人間の立場にたって出版社も協力的になったほうがいいんじゃないでしょうか?

話は脱線しますがどこぞのジャンプで打ち切りになった大好きな漫画家さんが別の雑誌で連載を初めてその作品が今度アニメ化するそうです。本当に自分のことのようにうれしかったです。ただいまでのあの作者さんの作品をめちゃくちゃにしたことは許せません。その漫画家さんにはもっともっと人気が出てその時の編集部を見返して欲しいなと思います。

話は脱線しましたがこの作品は本当に超超超おすすめです。読んでない方は是非1巻だけでも読んでみてほしいです。

この色々な惑星を巡るワクワク感ってどこかで感じたことあるんだけど…と思ったら子供のときに読んだ「モジャ公」でしたw古すぎですね。

ただあれも内容が結構エグくて最後の方の話で隕石がぶつかって地球が終わるって話があるんですが絶望した人はみんな自殺しまくって人死にまくったのに最後その隕石はなんか風船みたいなので出来た偽物でしたみたいな感じで終わってかなり衝撃受けましたw

ちなみに彼方のアストラ全部読み終わってから表紙を1巻から見直すとなんか泣ける…

スポンサーリンク

彼方のアストラみんなの感想は?

ひなこ
このマンガが何故賞とかに選ばれてないのかが不思議なくらい本当に面白いね!笑いあり、涙あり、SF、ミステリーとてんこもりなのに話は綺麗にまとまっていて本当に最高!
ひまり
ストーリーも良かったけどみんなの絆が深まっていく感じは本当に泣けちゃうね!

 

読んで絶対損しない最高に面白いSF漫画

コメントを残す