【ワンパンマン19巻感想】ガロウやられて復活のパターンの繰り返しなんですよね…

ワンパンマン19巻感想

ワンパンマン 19巻 | 原作:ONE 漫画:村田雄介 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan

この漫画の評価
ストーリー
(3.0)
キャラクター
(3.0)
オリジナリティ
(2.0)
総合評価
(2.5)

ワンパンマン19巻のあらすじ

ガロウを慕う少年・タレオを怪人協会が拉致。その頃、サイタマの部屋では、ジェノスらが騒がしく鍋を囲み…。ガロウは単身、怪人協会に乗り込むが? 一方、ヒーロー協会では、ワガンマ救出作戦が進行し!?
引用元:ワンパンマン 19巻 | 原作:ONE 漫画:村田雄介 | 無料まんが・試し読みが豊富!ebookjapan

ガロウが主人公

ガロウが登場した11巻辺りからもうずっとワンパンマンはガロウが主人公って感じですよね。もちろんサイタマ出てきたらそれで話は終わっちゃうので仕方ないですけど最近はそれが顕著でガロウがやられて復活のパターンがずっと続いています。

残念なことにこの作品に求めているのは敵が絶望的に強い状況で周りの人達がもうダメだってなったときにサイタマがワンパンで倒すっていうカタルシスが楽しいんですがずっと引っ張っているのであまり爽快感がないんですよね。

ギャグ少なめ

また勘違いな部分やギャグが多いのがこの作品の良さだったと思うのですが今の長編のストーリーは完全に中だるみを感じています。つまらないとは言いませんが手放しで絶賛できる内容ではないような…。

この設定だとこれ以上話を続けるのって今みたいな間延びしたストーリーじゃないと無理なのかなって思ってます。最初が面白かっただけにそれをひしひしと感じます。

これからの展開に是非期待したいと思っています。

ワンパンマン19巻のみんなの感想は?

ひなこ

ガロウが主人公でもういいよ…。

コメントを残す