終末のハーレム5巻感想!話がまったく進まない

内容が薄い…
終末のハーレム 5 (ジャンプコミックス)
この漫画の評価
ストーリー
(1.0)
キャラクター
(3.0)
絵柄
(4.0)
演出
(2.0)
世界観
(3.0)
総合評価
(2.0)

終末のハーレム5巻のあらすじ

ゆず先生がいなくなり落ち込む翔太。

女子達との蜜月の関係にもどこか満たされない中、かつての同級生・汐音が現れる。

タレントになりたいという汐音に、翔太は対価として大胆な要求をする…。

一方、ウイルスの情報を探る怜人だが、その身に危険が及び…!?

週刊ヤングジャンプに掲載された特別編『火野恭司の華麗なる一日』も収録!

ストーリーが全然進んでない…

怜人が殺されかけそうになったりアメリカに行ったはずの女性研究者達がとある病院で消息を経っていることがわかったくらいで本編の話は全然進んでないです。

ただこの女性ばかりの世界がなんだか意図的に作られたかのような印象を受けますね。

あとは翔太が過去の復讐をしたくらい。というか怜人以外の男って本編の話となにかつながってくるんでしょうか?

なんとなくなんですがこの男たち全員最後死んだりするんじゃないかなって勝手に予想してます。

ほとんどメイティングばかりで内容がないって感じました。しかもあまりえっちな感じがしなかった。フランキスのほうが私は圧倒的にえっちだと思いましたけどあなたはどうでしたか?

エッチなのも程よく出すからいいんであって頻繁に出されてもあれじゃないですかね。

男性的にはそれでもOKなのかもしれませんが。

あとまひるちゃんがなんか変なことに巻き込まれないかが少し心配です。

終末のハーレム5巻みんなの感想

ひなこ
ここにきて内容がいっきに薄くなってきたように感じるんだけど…
ひなこ
もう少し本編の話を進めてほしいかな。そもそもこの作品にえっち以外を求めるのはおかしいのかな?
内容が薄い…

コメントを残す